終了間際失点3連敗 柏レイソル

  • 0
  • LINEで送る

J1第4節  日立柏サッカー場 観衆9905人
VS 仙台
0 0 前半 0 1
0 後半 1

▽得点者 【仙】奥埜(2)

 明治安田J1第4節第1日(18日・日立柏サッカー場ほか=8試合)柏は後半ロスタイムに失点し、仙台に0-1で敗れリーグ戦3連敗。神戸が磐田に1-0で競り勝ち、唯一の開幕4連勝で勝ち点を12として首位を守った。2連覇を狙う鹿島は金崎の決勝点で清水に3-2と逆転勝ちし、3連勝で同9。5年ぶりにJ1で戦う札幌は広島を2-1で破り、鳥栖に1-0で勝った復帰組のC大阪とともに初勝利を挙げた。

 甲府は大宮を1-0で下し、今季初勝利。大宮は開幕4連敗を喫した。横浜M-新潟は引き分けた。

 G大阪-浦和は19日に行われる。

◆シュート15本も堅守崩せず黒星

 柏は15本のシュートを放ちながら、無得点に終わった。

 前半から敵陣でボールを動かし、クリスティアーノらが決定機を迎えたが、堅守を崩せなかった。試合終了間際の失点による敗戦にも、下平監督は「下を向くような内容ではなかった」と、ホームで攻勢を続けた選手をかばった。


戦評

  柏は積極的に攻めたがクリスティアーノが決定機でミス。後半20分の直接FKも壁に当てて決められなかった。仙台は相手の猛攻に耐え、後半ロスタイムに奥埜が決勝点。相手DFからボールを奪って右足で蹴り込んだ。

ピッチサイド

 柏・鎌田「今日のテーマは走って戦い、しっかり前からプレスをかけることだった。それは意識できたが、最後にじれて全員が前に行ってしまったところはあったかも」