【千葉魂】止まらなかった清田の涙 最後にこみ上げた井口への想い

  • 0
  • LINEで送る

自身の引退試合の9回に同点2ランを放った井口(右)と笑顔で出迎える清田=24日、ZOZOマリン

 無我夢中で必死に食らいついた。初球152キロストレートを右前に運ぶと、清田育宏外野手の胸の奥からこみ上げるものがあった。一塁ベース上から打席を見る。そこにはこの日が引退試合となっていた井口資仁内野手が立っていた。9月24日のファイターズ戦(ZOZOマリンスタジアム)。2点ビハインドの九回無死。同点に追い付かないと試合は終わる。それは清田にとって1年目のオフから自主トレを共にするなど、公私ともにかわいがってもらった大先輩と一緒にプレーをする最後の時間となることを意味していた。だから代打を告げられると、次打者の井口につなげようと祈るような思いでバットを振り、打球は右前に抜けていった。泣いてはいけない。分かってはいても涙腺は緩んだ。一塁ベース上で目をくちゃくちゃに腫らしながらリードをとった。その直後、とんでもないドラマが起こった。

 「ボクは悔いが残らないようにと必死に打って、とにかく必死に走った。だから打球がフェンスを越えたかどうかを見ていない。抜けると分かって、とにかくホームにかえらないといけないと思って走っていました」

    □     ■     □

 井口のバックスクリーン右に飛び込む起死回生の同点本塁打。1号本塁打は1997年のデビュー戦。そして引退試合で日本通算251号の試合を振り出しに戻す劇的一撃。スタンドは総立ちで異様な雰囲気に包まれた。清田はホームに到達すると感激で全身が震えるのを感じた。今、ダイヤモンドを走っていたのは自分と大先輩の2人だけ。そして今、その人をホームに迎え入れようとしている。そう考えると、もう涙は止まらなかった。とめどなくこぼれた。時間が止まってほしいと真剣に思った。ホーム付近で待っているとダイヤモンドを一周した男は笑っていた。ハイタッチをする。しかし迎え入れる言葉を掛けられないほど泣く。それを見て井口はまた笑った。

 「おいおい。打席で一塁を見ると、キヨ(清田)が泣いていたから困ったよ。こっちも感情的になってしまいそうだった。なるべく見ないようにしようと集中するのに大変だったぞ」

 そう言って大ベテランは自分のために必死につないで、同点弾のお膳立てをしてくれた後輩をねぎらった。

 清田はこの回の前の九回表の守りの時に先頭打者の代打としての出番を言い渡された。もう、この試合で出番がないかもと思っていただけに燃えた。だから誰の代打で次の打者が誰かなども意識しないほど集中し準備を繰り返していた。守りが終わり、ネクストバッターズサークルでバットを振り回すと、次の打者も準備のため歩いてきた。「さあ、行くか」。優しく力強い大好きな声が聞こえた。井口だった。出番がないと思っていた尊敬する先輩の引退試合で、最終回にその人の直前の代打で出場をすることになったことをその時に気が付いた。瞬間、いろいろな想いが頭を駆け巡った。

 「ああ、これで本当に終わりなんだなあって思うと、こみ上げるものがあった。もう一緒に打ったり、キャッチボールをすることもできない。ベースランニングをしている姿を見ることもない。そう思うと寂しくなった」

 2010年入団以降、ずっとかわいがってくれた。11年1月には自身からお願いをして沖縄での自主トレを行うようになった。朝6時には練習がスタートする濃厚な時間にプロとはどうあるべきかを教えてもらった。シーズン中も何かと気に掛けてくれた。結果が出ないと落ち込みがちになる清田をいつも励ましてくれた。「今はやれることをしっかりやることだ。やるしかない!」。力強いその言葉にクヨクヨと悩み、落ち込む自分の姿が恥ずかしくなった。早めに球場に来てバットを振った。映像で打席を研究した。結果が出ないときこそ体を動かし、悔しさをボールにぶつけるように心掛けてきた。いつもそばには大きな背中があった。背番号「6」がいた。しかし、それもこの日まで。そう思うと涙が止まらなかった。試合は延長十二回にキャプテンの鈴木大地内野手が右前打を放ち、サヨナラ勝ちを収めた。歓喜の輪の中で大好きな大先輩に水を掛けた。感謝の気持ちを述べた。その後の引退セレモニーでも泣きっぱなしだった。最後の最後まで泣いた。「泣きすぎだよ」。チームメートから、冷やかされても涙は止まることはなかった。試合後、誰よりも遅くまで球場にいた。ウエート場で筋トレを繰り返した。今やるべきことをしっかりとやる。先輩の教えを思い出しながら、黙々とトレーニングを続けた。

 「8年間、一緒に野球をやらせていただいて、7年間一緒に自主トレをやらせていただいた。まだまだ一緒にやりたかったけど、それはもうできない。ボクが結果を出して頑張ることで、あいつ頑張っているなあと思ってもらいたい。それが一番の恩返しになると思う」

    □     ■     □

 球場を後にするときはすっかり夜が更けていた。そして笑顔も戻っていた。これからは独り立ちが求められる。いつまでもクヨクヨしてはいられない。この日、目に焼き付けた大先輩の姿は力強く、カッコよく、勇ましかった。これからマリーンズを引っ張らないといけない立場として強くありたいと誓った。屈辱の一年となったマリーンズ。不本意な一年となっている清田。引退セレモニーで井口は言った。「わがマリーンズはこのような順位で終わるチームではありません!」。その言葉を何度も反芻(はんすう)した。涙が、燃える魂へと移りゆくのを感じた。秋の夜風が背中を後押ししてくれるかのように心地よく吹いていた。

(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)