大嶺翔、2安打1打点 千葉ロッテ

  • 0
  • LINEで送る

◇千葉ロッテ-阪神(1勝1敗1分、13時、ZOZOマリンスタジアム、18802人) 
123456789
阪神 0 0 0 0 1 0 0 0 2 38
千葉ロッテ 0 0 1 0 3 0 2 0 X 69
▽勝 スタンリッジ2試合1勝 ▽敗 岩田2試合1勝1敗 ▽本塁打 新井1号(2)(高野)

◆「自分の生きる道」 対左腕起用で結果

 与えられたチャンスの意味を理解し、結果を積み重ねている。千葉ロッテの大嶺翔が2安打1打点。「左投手の時に多く打席に立たせてもらっている。自分の生きる道」と、かみしめるように言葉を紡いだ。

 先発の岩田から二回に外角の134キロをはじき返し中前打を放つと、七回には3番手岩崎の内角スライダーを捉えてしぶとく中前適時打。いずれもマウンドに立っていたのは左腕。抜てきにしっかりと応えた。

 内野はどこでも守れるユーティリティープレーヤー。昨季の終盤はバットでも輝きを放ったが、ここまでオープン戦打率は3割7分。構え遅れしないことを心掛け「しっかりタイミングが取れている」と好調ぶりが際立つ。山下野手総合兼打撃コーチは「秋から目の色を変えて練習して、バットを振っていた。レギュラー争いに加わってきた」と25歳に目を細める。

 開幕戦の相手、ソフトバンクは和田の先発が内定している。左腕だ。「結果を残せば、スタメンも見えてくる」。さらにアピールし、大舞台をつかみ取る。

◆スタン、5回1失点

 千葉ロッテの先発スタンリッジは5回を被安打6の1失点。この日がオープン戦2度目の登板で「そこまで投げていない。疲れたというか…」と五回に3安打を集められて失点したが、「全体的には自分なりの投球ができた」。

 三回に3番糸井を147キロで二ゴロ併殺打に仕留めてピンチを脱出するなど、力強い直球を披露した。伊東監督は「内野ゴロが多かった。ボールが動いていて、自分の投球ができている」。開幕ローテーションへ、順調に仕上げている。


戦評

 千葉ロッテはスタンリッジが要所を締めて5回1失点にまとめ、仕上がりの良さを見せた。打線は井上が1-1の五回に適時二塁打を放ち、大嶺翔は2安打1打点で好調を維持。ミスが目立った阪神は岩田が5回4失点と不安を感じさせた。

ダッグアウト

 ◇伊東監督(井上、大嶺翔に)「左投手の時に(先発)起用もある。いいところで打ってくれた」  ◇菅原(育成選手の新人。七回にオープン戦初打席初安打)「思い切り行こうと思っていた。また(1軍に)戻って来られるように頑張ります」