ちばの選挙

4氏届け出 舌戦幕開け 「森田県政」問う 教育、福祉、経済も焦点 【2017千葉県知事選告示】

  • 0
  • LINEで送る

 任期満了に伴う千葉県知事選は9日告示され、新人で元県立高校教諭の角谷信一氏(62)、新人で元建設会社員の竹浪永和氏(42)、現職で3選を目指す森田健作氏(67)、新人で前浦安市長の松崎秀樹氏(67)の4人が立候補を届け出た。いずれも無所属だが、政党や首長の応援を受ける構図も。「森田県政」の継続か刷新かを争点の軸に、教育・福祉の充実や経済活性化策で早速持論を展開。次の4年のかじ取り役が決まる26日の投開票に向け、17日間の舌戦の幕が切って落とされた。

 角谷候補は、擁立した市民団体「新しい知事を選ぶ会」のメンバーらと、午前10時にJR千葉駅前で「温かく、支え合う県政をつくろう」と第一声。「貧困で子どもが泣くことや、孤独死や過労死の不安をなくす」と力を込めた。

 共産党県議から「現県政の危険な流れにストップを」と後押しを受け、自由党や市民ネットの元議員の応援演説も受けると、手拍子に合わせギター弾き語りも披露。「ちばに新しい春風を」と書かれた車に乗り込み、市原市内も遊説した。

 竹浪候補は、京成千葉中央駅前で演説。自らの経験を踏まえた若者雇用対策や防災・減災推進を強調し「県民の心の花を咲かせ、日本の基礎となる県に」と訴えた。選挙運動は1人で、ポスターも用意しないが、候補者で最年少の視点をアピール。

 森田候補は、県庁前で「ホップ、ステップ、ジャンプ。3期目に挑戦」と宣言して始動。自民党の県議や国会議員と近くの千葉神社で必勝祈願後、中央公園で出陣式に。アクアライン通行料800円化の成果を「本県だけで年450億円以上の経済効果。小学校もできた」と説明した上で「800円恒久化に全力を上げる」と熱弁。保育士増にも意欲を示し「皆さんの力を私に貸して」と呼び掛けた。

 公明党県議や経済団体からも応援演説を受け、選挙カーで千葉市内を巡った。

 松崎候補は午前8時、香取市の香取神宮で必勝祈願。同市の宇井成一市長や、自身の辞職に伴って実施される浦安市長選の立候補予定者も駆けつけた。

 午前11時には千葉駅前で出陣式。「チェンジ千葉」の旗を掲げる支援者らを前に「今の県政は全く市町村に寄り添っていない。8年間で千葉は大きく力を失った」と現職を厳しく批判。「620万県民、54市町村と一緒に元気な千葉に」と訴えると、ガラス張りの選挙カーに乗り込み、他の駅頭でも精力的に演説した。

 角谷信一 62 無新

 【略歴】元県立高校教諭、県高教組副委員長。大阪府泉佐野市出身。立命館大文学部卒。千葉市若葉区桜木在住。

 【公約】放射線から子どもを守る▽30人学級実現▽受験競争をなくす▽ブラック企業ゼロ▽待機児童解消▽社会保障の充実で貧困根絶▽農畜産物の価格と農家所得を保障▽小規模工事の登録制度を導入し仕事を確保▽大企業に負担を求め財源を確保

 竹浪永和 42 無新

 【略歴】元建設会社員。青森県板柳町出身。中央工学校夜間部建築科卒。千葉市中央区登戸在住。

 【公約】インフラ整備で経済活性化▽津波対策を中心とした防災・減災対策の強化▽雇用確保▽失業者の技能訓練など再チャレンジしやすい社会の実現▽自殺者を減らす▽不妊治療補助の制限撤廃▽将来の不安感をなくし、結婚しやすい社会を実現

 森田健作 67 無現(2)

 【略歴】知事 元参院議員、衆院議員、文部政務次官。東京都大田区出身。明治学院大法学部中退。千葉市中央区都町在住。

 【公約】移動交番活用による体感治安向上▽東京湾アクアライン通行料800円の恒久化と北千葉道路の早期全線開通▽保育所整備の促進と保育士確保▽トップセールスによる農林水産品の輸出促進▽東京五輪・パラリンピックの成功と効果の継承

 松崎秀樹 67 無新

 【略歴】前浦安市長 元代議士秘書、県議、県市長会副会長。東京都世田谷区出身。明大院修了。浦安市美浜在住。

 【公約】小中学校の35人学級▽認知症高齢者のグループホームへの補助▽中学3年生までの子ども医療費無償化▽男女共同参画条例の制定▽成田空港周辺の道路網の整備▽支庁の機能強化▽東京湾に大型クルーズ船が停泊できる人工浮島の設置

◆知事選候補の主な遊説予定(10日)

 【角谷候補】午前10時半、JR船橋駅北口。午後2時15分、JR津田沼駅。6時、JR稲毛駅。

 【森田候補】午前10時半、JR青堀駅。午後2時半、袖ケ浦市内。5時、木更津市内。

 【松崎候補】午前8時、松戸市内。午後3時、白井市内。7時、八千代市内。