伊方原発巡り即時抗告審 住民側「事故時の被害低く想定」

  • 0
  • LINEで送る

四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審の第1回審尋で、広島高裁に向かう住民側弁護団ら=12日午後

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求め、広島県の住民らが申し立てた仮処分の即時抗告審の第1回審尋が12日、広島高裁(野々上友之裁判長)で開かれた。住民側は申し立てを却下した広島地裁決定に対し「事故が起きた際の被害を低く想定している」と主張した。四国電は住民側の即時抗告を退けるよう求めた。

 審理は非公開。住民側は書面で、地裁決定が四国電による地震想定の合理性に慎重な検討を要すると指摘しながら、差し止めを認めなかった点について「安全性の判断から逃げた」と批判。

 四国電は答弁書で「安全を確保しており、具体的な危険性は存在しない」と反論した。