松江市長、廃炉で厳しく指導を 島根原発1号機

  • 0
  • LINEで送る

原子力規制庁の荻野徹次長(右)に要請書を手渡す松江市の松浦正敬市長=12日午後、東京都港区

 松江市の松浦正敬市長は12日、原子力規制庁で荻野徹次長と面会し、中国電力島根原発1号機(松江市)の廃炉作業の安全な実施に向け、中国電力を厳しく指導するよう求める要請書を手渡した。

 松浦市長は「中国電力は過去に点検不備を起こすなど、安全面で課題がある」と指摘。廃炉に伴う使用済み核燃料の搬出や低レベル放射性廃棄物の処分について、中国電の計画や作業をしっかりと監督するよう求めた。荻野次長は「問題が起きないよう監視していく」と応じた。

 規制委は今年4月、1号機の廃止措置計画を認可した。