1万年前の英国人、黒い肌 骨からDNA解析

  • 0
  • LINEで送る

7日、英ロンドンの自然史博物館で発表された約1万年前の英国に住んでいたヒトの頭部の復元(AP=共同)

 【ロンドン共同】英国の洞窟で見つかった約1万年前のヒトの骨から採取したDNAを解析した結果、現在の英国に当時住んでいたヒトは緑がかった青い瞳で、肌は「浅黒い色から黒い色」だったことが明らかになった。ロンドンの自然史博物館が7日発表した。

 DNA解析に基づかない手法により約20年前に行われた同じ骨からの復元では、より白い肌だと考えられており、英国内に驚きが広がっている。

 研究チームは、英国にいたヒトが白い肌になったのは、これまで考えられていたよりずっと後の時代だった可能性があると分析している。