インフル院内感染1人死亡、岐阜 80代の女性

  • 0
  • LINEで送る

 岐阜県の土岐市立総合病院は27日、内科の病棟の入院患者や看護師の計12人がインフルエンザに集団感染し、うち80代の女性患者が25日に死亡したと発表した。病院は女性の死因は別の感染症だとしており「インフルエンザが影響したかは分からない」としている。

 病院によると、感染したのは同じフロアの60~80代の患者の男女10人と、40代と30代の看護師で、発熱やせき、関節痛の症状が出ているという。今月15~26日にかけて相次いで発症が確認された。病院は、同室の患者に抗インフルエンザ薬を投与したり、家族以外の面会を制限したりするなどした。