「映画 夜空は―」が邦画1位 キネマ旬報ベストテン 

  • 0
  • LINEで送る

 2017年公開の映画が対象の第91回キネマ旬報ベストテンが11日発表され、日本映画の1位に石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」、外国映画の1位にケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」が選ばれた。表彰式は2月12日、東京・文京シビックホールで開かれる。

 「映画 夜空は―」は、最果タヒさんの同名詩集を基に石井監督が脚本も執筆。希望を見いだせずに東京で暮らす男女が出会うドラマで、夜はガールズバーで働く看護師(石橋静河さん)と、建設現場の日雇い労働者(池松壮亮さん)の不器用な恋を描いた。