職員同士の不倫交際処分、西宮市 女性係長退職

  • 0
  • LINEで送る

 兵庫県西宮市は13日、不倫関係となり、市役所の会議室で勤務時間中に不適切な行為をしたなどとして、同市健康福祉局の女性係長(40)と総務局の男性副主査(35)をともに停職3カ月の懲戒処分にした。市は係長の退職願を受理した。

 市によると、それぞれ別の市職員と結婚しているが2012年11月ごろから交際。係長は副主査の妻に中傷する内容の手紙を送ったなどとして、今年4月に県迷惑防止条例違反容疑で逮捕、5月に罰金刑となった。昨年3月ごろから手紙や無言電話などで嫌がらせをしていた。

 副主査はSNSを通じ、自分が撮影した係長のみだらな写真を嫌がる係長に繰り返し送った。