将来の核実験を準備か、北朝鮮 米大の分析、坑道で新たな動き

  • 0
  • LINEで送る

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は12日、今月8日に撮影された商業衛星写真に基づき、北朝鮮北東部豊渓里の核実験場にある坑道で新たな動きが確認されたと発表した。将来のさらなる核実験に向けた準備の可能性があると分析している。

 38ノースによると、6回目の核実験で使われた北側坑道とは別の南側坑道で、大型の運搬車両が止まっているのが確認された。目的は不明だとしている。また、西側坑道でも複数のトロッコが確認された。新たな掘削作業が始まる前兆の可能性があるという。