公明・山口代表、ロシアへ出発 共同経済活動を後押し

  • 0
  • LINEで送る

 公明党の山口那津男代表は12日午前、ロシアに向けて成田空港を出発した。同国のプーチン大統領側近とされるマトビエンコ上院議長や政府要人との会談を予定している。7日の日ロ首脳会談で早期実現が確認された北方領土での日ロ共同経済活動を巡り、交渉進展へ日本政府を後押ししたい考えだ。

 北朝鮮の核・ミサイル開発阻止のためには国際社会による圧力強化が必要だと訴え、ロシア側の協力を求める。

 出発前、成田空港で記者団に「共同経済活動など日ロ関係が前進しつつある。この先に平和条約締結の目標があることをロシア側と議論したい」と強調した。