北の核開発「最後の目標まで」 労働党高官が猪木氏に語る

  • 0
  • LINEで送る

帰国のため平壌国際空港に到着したアントニオ猪木参院議員=11日(共同)

 【平壌、北京共同】北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員は11日、平壌で8日に会談した李洙ヨン朝鮮労働党副委員長が、核・ミサイル開発について「最後の目標まで頑張る」と述べたことを明らかにした。猪木氏は11日に空路で平壌を出発し、経由地の北京国際空港に到着後、記者団の取材に応じた。

 「最後の目標」は水爆を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実戦配備を指している可能性がある。

 猪木氏によると、李氏は、日朝間の人の流れを止めてはいけないとの猪木氏の考えに対し、同感だと応じたという。