沢村栄治のスコアブック確認 出身校で新たに10試合分

  • 0
  • LINEで送る

1934年8月5日の甲子園出場をかけた試合のスコアブック。沢村が投手、6番打者で先発出場しているのが分かる

 プロ野球の「沢村賞」で知られる名投手沢村栄治(1917~44年)が京都商業(現京都学園高)時代に出場した試合のうち、10試合分のスコアブックが同高で見つかったことが9日、分かった。

 京都学園中・高を運営する学校法人京都光楠学園によると、沢村が出場した試合のスコアブックはこれまでも見つかっており、今年が生誕100年となることから教職員が3月にあらためて校内で資料を整理し、10試合分を新たに確認した。

 スコアブックは1930、31、34年の試合を記録。出身地の三重県に遠征した試合や、投手ではなく、二塁手として先発出場した試合などがあった。