殺人容疑で50歳夫を逮捕、大阪 妻を木刀で殴る

  • 0
  • LINEで送る

 大阪府泉佐野市日根野の住宅で全身にあざがある住人の小林治子さん(48)の遺体が見つかった事件で、泉佐野署は17日、治子さんを木刀で殴り殺害したとして、殺人容疑で夫の清容疑者(50)を逮捕した。

 同署によると、清容疑者は「頭や背中を何度も殴ったが、死ぬとは思わなかった」と供述。夫婦間でトラブルがあったとみて経緯を調べる。

 逮捕容疑は16日午後11時~17日午前4時、自宅で、治子さんを長さ約1メートルの木刀で殴り、殺害した疑い。

 遺体はタンクトップに半ズボン姿で、全身にあざや内出血の痕があった。清容疑者は治子さんと10代の息子の3人暮らし。