女子マラソン元代表逮捕 コンビニで万引容疑

  • 0
  • LINEで送る

 栃木県警足利署は17日、コンビニ店で化粧品などを万引したとして窃盗の疑いで、陸上の世界選手権女子マラソンの元代表で同県足利市、契約社員原裕美子容疑者(35)を逮捕した。

 原容疑者は世界選手権に2度出場し、2005年のヘルシンキ大会で6位に入賞した。05年の名古屋国際女子マラソンで優勝、07年の大阪国際でも優勝している。

 逮捕容疑は7月30日午後4時10分ごろ、足利市内の「セブン―イレブン足利大月町店」で、化粧品や食料品など8点(計約2600円相当)を万引した疑い。

 足利署によると、容疑を認めている。