米大統領「正恩氏は賢明」 ミサイル強行なしと判断

  • 0
  • LINEで送る

トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(いずれもロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、ツイッターで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「非常に賢明でよく考えた決断を下した」と述べた。金正恩氏が米領グアム沖へのミサイル発射計画の留保を示唆したことを受け、発射強行はないと判断したもようだ。一方、中国を訪問した米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は16日、記者団に、軍事行動に踏み切った場合の対応を中国側と真剣に協議する必要があるとの考えを示した。

 トランプ氏は「(金正恩氏が)別の選択をしていれば破滅的で到底容認できなかっただろう」とも強調した。