中日の岩瀬、40代最多登板に 若林のシーズン48試合に並ぶ

  • 0
  • LINEで送る

9回に登板し、40代のシーズン最多登板記録に並んだ中日・岩瀬=横浜

 中日の岩瀬仁紀投手(42)が16日、横浜スタジアムで行われたDeNA戦の九回から救援して今季の登板試合数を48とし、1948年に当時40歳の若林忠志(阪神)がつくった40代のシーズン最多登板記録に並んだ。岩瀬は6日の巨人戦でプロ野球新記録となる通算950試合登板を達成していた。

 チームはこの日、2―3でサヨナラ負け。岩瀬は連打を浴び、敗戦投手となった。