米政権、入国制限新基準で上訴 ハワイ州連邦地裁の判断めぐり

  • 0
  • LINEで送る

ホワイトハウスで開かれたトランプ政権の閣議=6月(AP=共同)

 【ワシントン共同】イスラム圏6カ国からの入国を制限するトランプ米政権の新基準を巡り、査証(ビザ)発給を認める範囲が狭すぎるとしたハワイ州の連邦地裁の判断を不服として、政権は15日までに判断の差し止めを求めて連邦最高裁に上訴した。最高裁は原告のハワイ州に州側の主張を18日までに提出するよう求めた。ロイター通信が報じた。

 最高裁は6月、米国在住者と「正当な関係」を持つ人は入国規制を受けるべきではないと判示。これを受け政権は、ビザ発給対象となる米国在住者の「近親者」を両親や配偶者、子どもらとし、祖父母や孫、義理の兄弟などは含まないとする新基準を発表した。