劉暁波氏遺灰、海にまく 墓の聖地化警戒、強制か

  • 0
  • LINEで送る

記者会見する劉暁波氏の実兄、劉暁光氏(中央)=15日、中国遼寧省瀋陽市(共同)

 【瀋陽、北京共同】中国当局により拘束中の13日に死去したノーベル平和賞受賞者、劉暁波氏の実兄、劉暁光氏が15日、遼寧省瀋陽市のホテルで記者会見し、劉暁波氏の遺灰を同日の「海葬」で海にまいたことを明らかにした。

 劉氏の親族は、自宅がある北京の墓に埋葬することを希望していた。墓が民主化要求運動の“聖地化”することを警戒し、当局が海葬に同意するよう強いた可能性がある。国際社会から劉氏への対応に批判が集まる中、習近平指導部が強引に幕引きを図った。

 劉氏の葬儀への参加を当局に許可されなかった義兄、劉トウ氏は北京で共同通信の電話取材に応じ、当局を厳しく非難した。