ヒアリよけネット発売、愛知 ポンチョや腕カバーも

  • 0
  • LINEで送る

 南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が国内各地で見つかったのを受け、工業用のフィルターを手掛ける「くればぁ」(愛知県豊橋市)は14日、ヒアリを遠ざける効果のある虫よけネットを発売した。網戸用のほか、ポンチョや腕カバーなどとして着用できる商品がある。

 防アリ剤に使われる薬品を、独自技術で網目状のナイロン素材に染み込ませた。着用タイプは編目の大きさを0・1ミリ四方と細かくすることで、肌触りを柔らかくした。複数回洗っても効果が持続するとしている。

 ヒアリの生息域がアジアに広がってきたことから、2014年に開発に着手。専門機関による試験で効果を確認した。