22年度のFGT導入困難 国交省、九州新幹線長崎ルート

  • 0
  • LINEで送る

3月の試乗会で、車輪幅が切り替わる「軌間変換装置」を通過するフリーゲージトレイン=熊本県八代市

 国土交通省は14日、九州新幹線長崎ルートに採用予定のフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)に関し、2022年度の導入は困難との見解を明らかにした。早ければ25年度の全面開業を目指していたが、年単位で遅れる見通しとなった。

 今年3月まで実施した車両の性能を確認する試験で、台車の車軸の一部に摩耗が生じ、実用化の前提となる耐久走行試験の再開に新たな対策が必要とされた。国交省は現段階で開発を断念する考えはないとしたが、FGT導入の実現性は不透明さを増している。

 国交省は22年度にFGTの先行車、25年度に量産車を導入する予定だった。