蓮舫氏、国籍資料18日公表 「台湾」不保有を証明

  • 0
  • LINEで送る

記者会見する民進党の蓮舫代表=13日午後、国会

 民進党の蓮舫代表は13日の記者会見で、台湾との「二重国籍」問題を巡り、台湾籍を保有していないと証明できる資料を公表する意向を表明した。「戸籍そのものではなく、既に台湾籍を有していないことが分かる部分を示したい」と述べた。党によると、18日に記者会見をして公表する。

 11日の党会合で、蓮舫氏は自身の戸籍を公表する考えを示していたが、修正した。理由について「わが国では戸籍は優れて個人のプライバシーに属する。差別主義者や排外主義者に言われて公開するようなことを前例にしてはいけない」と述べた。

 党によると、蓮舫氏は公表すべき書類を整理、分類しているという。