ヨーカ堂が現場改革チーム 新社長「3年で道筋」

  • 0
  • LINEで送る

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のスーパー、イトーヨーカ堂の三枝富博社長(67)はインタビューで、営業や企画など各部署の現場を引っ張る30~40代の社員約30人からなる改革チームをつくったことを明らかにした。「3年程度で再建に道筋をつけるのが責務だ」と述べた。

 三枝氏は3月1日付で中国事業の責任者から転じた。「カリスマ」と呼ばれ、昨年グループの第一線から去った鈴木敏文氏に長く依存してきた影響で「受け身の意識でやっている店が多く、顧客ニーズへの対応が十分でなかった」と分析した。社員が主体的に課題を見つけて改善へ動く組織に改める。