日本生命、収益強化へ新ビジネス 4カ年中期計画

  • 0
  • LINEで送る

 日本生命保険は17日、保険以外の事業にも力を入れ、子育て支援やヘルスケアなどの新ビジネスに乗り出す方針を盛り込んだ2017~20年度の4カ年の新中期経営計画を発表した。日銀によるマイナス金利政策で超低金利という厳しい経営環境が続く中、収益力を強化する狙いだ。

 具体的な事業は検討中だが、子育て支援やヘルスケア分野は市場拡大が期待できると説明。投資へのニーズや高齢者向けの保険商品の開発にも注力する。

 資産運用では、長期で安定的な利回りを確保するため、インフラや環境など成長領域への投資を加速させる。こうした分野への投資目標額を4年間で1兆5千億円に設定した。