仮想現実で自転車事故を体感 NTT西と大阪府警が開発

  • 0
  • LINEで送る

VR技術を活用した自転車用の安全教育教材を体験する生徒=17日、大阪府警本部

 NTT西日本は17日、大阪府警と協力し、VR(仮想現実)技術を使って自転車事故を体感できる教材を開発したと発表した。安全教育に活用し、安全運転への意識を高め事故抑止につなげる。大阪府警や関係団体が中学や高校などで教材を使った講習を来年3月まで試験的に行う。

 視界を覆うゴーグル型の機材を頭に付けると、立体的なコンピューターグラフィックス(CG)の映像で、自転車の走行中に自動車と衝突する事故を体感できる。合わせて装着するヘッドホンからは事故の衝突音なども流れる。

 利用者の視界の動きを後で確認し、運転の習熟を促す機能も備える。