不要部品でカメラのケーブル断線 福島第1原発ロボ調査

  • 0
  • LINEで送る

 東京電力は15日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器内部に自走式ロボットを投入する調査で、14日に機材監視用カメラの映像が映らなくなり作業を中断したのは、機材に不要な部品が付いていたためカメラのケーブルが断線したのが原因だったと発表した。16日から数日かけてケーブルを交換した上で、ロボット調査の再開を目指す。

 東電によると、14日に始まったロボット投入の準備作業中、格納容器の外側で調査機材を監視するカメラの映像が映らなくなった。原因を調べたところ、カメラのケーブルを巻き取るドラムと近くの部品がぶつかりケーブルに余分な力がかかって断線していたという。