認知症診断書の手引公表 日本医師会、改正道交法受け

  • 0
  • LINEで送る

 12日に施行される改正道交法により、認知症の診断を受ける高齢ドライバーが急増するのを受け、日本医師会(日医)は8日、認知症の専門ではない一般医師に向けた診断書作成の手引をホームページで公表した。

 改正法では、認知症の疑いがある75歳以上のドライバーに診断を義務付け、2015年に約4千人だった受診者は約5万人に拡大するとみられている。専門医だけでは対応できないため、高齢者に身近な医師による診断が増える見込みだが、適切に判断できるのかを懸念する声もある。