脊髄損傷回復の細胞特定 生理学研、新治療法に期待

  • 0
  • LINEで送る

 軽度の脊髄損傷が回復するのに関わっている神経細胞を、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究グループがサルを使った実験で特定し、7日までに米科学誌に発表した。新しい治療法やリハビリ法の確立につながると期待している。

 研究グループによると、脊髄には脳からの運動の指令を筋肉に伝える「皮質脊髄路」が走っており、これが傷つくと脊髄損傷になる。「脊髄固有神経細胞」が生き残っていれば、代替経路を開拓し、運動機能が回復すると言われてきたが、立証されていなかった。