違法な再生医療に注意呼び掛け 学会「容認しない」

  • 0
  • LINEで送る

 老化防止などをうたい、法に基づく安全性の確認を経ずに再生医療を施す民間クリニックがあるとして、日本再生医療学会は6日「極めて遺憾で、断固容認しない」との声明を発表し、注意を呼び掛けた。

 仙台市で記者会見した学会の澤芳樹理事長は「このような安全性を無視した治療行為を非難する」と述べた。医師から治療を勧められた場合は、法に基づく手続きをしているかを確認した上で、慎重に考えた方がいいとしている。

 埼玉県所沢市の「埼玉メディカルクリニック」で、へその緒に含まれる臍帯血の幹細胞の無届け投与が発覚したことを受け、学会が声明をまとめた。