軽快な守備で出番狙う 疋田悠祐内野手(3年) 【センバツに燃える 東海大市原望洋】

  • 0
  • LINEで送る

 165センチと小柄だが、フットワークを生かした軽快な守備が武器の内野手。冬場は足腰を鍛えるべく、ウエート練習を重点的に取り組んだ。「一歩目の反応も良くなったし、深い位置から強い球も投げられるよ ・・・

【残り 240文字、写真 1 枚】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン