正面衝突で妊婦死亡 館山道 鋸南

  • 0
  • LINEで送る

 1日午後1時10分ごろ、鋸南町の富津館山道上り元名トンネル内で、センターラインをはみ出した男性の運転する乗用車が、対向車線の乗用車と正面衝突した。助手席の女性が腹を強く打ち、ドクターヘリで病院に搬送されたが、子宮破裂でまもなく死亡が確認された。千葉県警高速隊によると、2人は夫婦で、女性は妊娠していたという。

 対向車線の乗用車の女性(58)と男性(83)もけがを負い、病院に搬送された。同隊で身元確認を急ぐとともに、詳しい事故原因を調べている。

 同隊によると、現場は下り車線の入口から約20メートルの片側1車線の直線道路。

 事故の影響で、富津金谷-鋸南保田IC間で上下とも午後1時20分から同5時半まで通行止めとなった。