自称霊媒師の女逮捕 被害2600万円か 詐欺盗容疑で木更津署

  • 0
  • LINEで送る

 霊媒師をかたり長期間にわたって高齢女性をだまし現金を盗んだとして、木更津署は10日、窃盗(詐欺盗)の疑いで木更津市高柳、無職、出口久子容疑者(70)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月27日午前10時~同15分ごろまでの間、同市内の喫茶店で、経営者女性(69)の隙を見て、現金32万円を盗んだ疑い。

 同署によると、出口容疑者は女性と知人で、霊媒師を名乗り「霊が呼べる」「先祖がお金をお供えするよう言っている」などと1年半にわたってだまし、複数回にわたって現金を供えさせていた。風呂敷などに包んだ現金を隙を見て取り替える手口で、女性から複数回にわたり現金計2600万円をだまして盗んでいたとみられる。出口容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 女性から「知人にお金を取られてトラブルになっている」などと相談があり、同署で9月に被害届を受け調べていた。