京葉道で酒酔い運転、容疑者逮捕 千葉県警高速隊

  • 0
  • LINEで送る

 千葉県警高速隊は5日、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで習志野市袖ケ浦3、自称トラック運転手、杉山義雄容疑者(40)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前5時40分ごろ、千葉市花見川区幕張町3の京葉道上り武石-幕張インターチェンジ間で、酒に酔った状態で軽乗用車を運転した疑い。

 同隊によると、幕張パーキングエリア流出部近くで、男性(34)の乗用車に追突する事故を起こし、駆け付けた同隊員がアルコール検知して発覚。杉山容疑者は「酒を飲んで運転した」と容疑を認めている。男性は首などの痛みを訴えているといい、同隊で過失傷害や危険運転容疑も視野に、飲酒した経緯などを調べている。