15時間18キロ漂流 水上バイク転倒男性を救助 勝浦海上保安署

  • 0
  • LINEで送る

 いすみ市の夷隅川河口内で水上バイクに乗っていた埼玉県川口市の男性(34)が高波を受けて海中に転落したと18日午後2時55分ごろ、男性の友人からボートショップを通じ勝浦海上保安署に通報があった。

 同署やいすみ署などで捜索したが見つからず、日没で捜索を打ち切った。19日午前5時半ごろ、勝浦市沖で男性が漂流しているのを、日の出の写真撮影をしていた自営業男性(47)=山武市=がカメラのレンズ越しに発見し110番。同6時15分ごろ、勝浦消防署の水難救助隊が男性を救出した。

 男性は転落から15時間以上、約18キロ漂流していた。命に別条はなかった。救命胴衣を着用していたという。

 転落時、現場付近では台風18号の影響で約3メートルの波があった。