酔って電車を止める 男性主査補を減給 九十九里地域水道企業団

  • 0
  • LINEで送る

 酒に酔って踏切の非常停止ボタンを押して電車を停止させたとして、九十九里地域水道企業団は14日、浄水課の男性主査補(42)を地方公務員法(信用失墜行為禁止)に基づき、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 同企業団によると、主査補は5月19日午後9時15分ごろ、同僚と飲酒後、茂原市上林のJR外房線新茂原-茂原間にある上林踏切で、異常がないにもかかわらず、踏切に設置された非常停止ボタンを押して、千葉発勝浦行きの下り電車を同踏切付近に11分間停止させた。千葉区検が偽計業務妨害罪で略式起訴し、7月19日に千葉簡裁から罰金20万円の略式命令を受け即日納付した。

 主査補は同企業団の聞き取りに「(ボタンを)押してしまったことは覚えていないが、公務員としてあるまじき行為をしてしまい大変申し訳ない」と話しているという。

 同企業団企業長の志賀直温東金市長は「住民の信頼を損なう行為で、深くおわびする。重大に受け止め二度と起こらないよう、綱紀粛正を徹底していく」とコメントを出した。

 同企業団は、10月をめどに全職員を対象とした再発防止へ向けた研修を予定しているという。