学童トイレにカメラ 船橋市職員に罰金刑 千葉簡裁

  • 0
  • LINEで送る

 勤務する学童保育施設のトイレに忍び込み盗撮用カメラを仕掛けたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反と建造物侵入の罪で略式起訴されていた八千代市八千代台東6、船橋市の疋田駿非常勤職員(27)に千葉簡裁は14日までに、罰金50万円の略式命令を出した。命令は10日付。

 起訴状などによると、5月8日午後2時15分ごろ、盗撮目的で、同市上山町の市立法典西小学校敷地内にある自身の勤務する学童保育施設「法典西放課後ルーム」の女子トイレに侵入。同4時ごろまでの間、2人の児童のトイレを火災報知器型カメラで動画盗撮したなどとしている。