【速報】<船橋女性生き埋め>元同級生少女に無期懲役判決 千葉地裁「非情で悪質」

  • 0
  • LINEで送る

 芝山町の畑で2015年4月、船橋市の女性=当時(18)=が遺体で見つかった事件で、女性を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人罪などに問われた元同級生の無職の少女(19)=船橋市=の裁判員裁判の判決公判が3日、千葉地裁で開かれ、松本圭史裁判長は「被害者に多大な苦痛や絶望を与え、非情で悪質。厳しい非難は免れない」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 少女はこれまでの公判で、「(共犯者と事件について)事前に話し合ったことはなく、殺意もなかった」と起訴内容を一部否認。弁護側も強盗殺人罪の成立を否定していた。

 松本裁判長は判決で、少女が犯行前後、周囲に「今から人を殺す」「拉致して埋めた」などと話したとする友人らの証言を「不自然な点はない」として採用。その上で、井出裕輝被告(22)=強盗殺人罪などで起訴=らが計画していた犯行は「遅くとも犯行直前には、具体的に認識していた」と述べた。

 さらに「井出らが被害者を殺害するかもしれないと認識しながら、それならそれでも構わないと考えた」として、未必の殺意があったと判示。「強盗殺人の成立は免れない」とした上で「被害者への不満を漏らしたことが、井出らが犯行を計画する契機となったのは明らか。犯行を主体的、能動的に行い、重要な役割を果たした」と結論付けた。

 判決によると、少女は15年4月19日深夜、井出被告と中野翔太被告(21)=同罪などで無期懲役判決、控訴中=らと共謀し、同じ高校の元同級生だった女性を乗用車に乗せて連れ去り、手足を縛って財布などを強奪。翌20日未明、芝山町の畑で事前に掘っていた穴に女性を埋めて窒息死させた。