妊婦はねられ重傷 病院で無事に出産 市原

  • 0
  • LINEで送る

 市原市更級3の市道で、29日午後5時45分ごろ、横断歩道を歩いて渡っていた同市内の主婦(25)が、左から来た車にはねられた。主婦は臨月の妊婦で、左肩を骨折するなどの重傷を負い病院に搬送されたが、病院の判断で帝王切開により無事出産した。母子ともに命に別条はないという。車はそのまま逃走しており、市原署はひき逃げ事件として近くの防犯カメラの解析を進めるなどしている。

 同署によると、現場は信号機のない片側1車線の幅員約6メートルの直線道路。目撃した通行人の20代女性が119番通報した。現場にブレーキ痕は残されていなかったという。