3人溺れ姉死亡、妹重体 救助の男性は不明 市川の海岸

  • 0
  • LINEで送る

 28日午前10時ごろ、市川市東浜1の海岸で、貝を採りに来ていた50歳と44歳の姉妹と、30歳の男性の計3人が溺れた。姉妹は通行人らに救助され病院に搬送されたが、姉は間もなく死亡した。妹は意識不明の重体。男性は見つかっておらず、警察や消防、海上保安部などが捜索している。

 市川署によると、死亡した姉は東京都江東区亀戸7、職業調査中、藤井瞳さん(50)で、重体の妹は川崎市川崎区渡田新町1、職業調査中、藤井綺さん(44)。行方不明の男性(30)は中国籍で、東京都豊島区在住とみられる。

 藤井さん姉妹は母親と3人でカキを採りに来ており、堤防から海に潜って深みにはまったとされる。男性も家族ら7人と貝を採りに来ていて、溺れた姉妹を助けようとしたという。目撃者の男性が「人が溺れている。誰かが泳いで助けに行っている」と119番通報した。

 現場は潮干狩りができる船橋市潮見町の「ふなばし三番瀬海浜公園」近くの海水浴場でない海岸。柵などはなく、誰でも立ち入れる場所という。当時天候は晴れで、波も穏やかだった。