最終章へ稽古総仕上げ 16、17日市民ミュージカル公演 船橋・アンデルセンプロジェクト

  • 0
  • LINEで送る

衣装を着け、スタッフから舞台の立ち位置などの説明を受ける出演者たち=船橋市民文化ホール

 童話作家、H・Cアンデルセンの世界を市民らによるミュージカルで描く船橋市のアンデルセンプロジェクト最終章「アンデルセン・光と影の物語」の稽古が、16、17日の公演を前に佳境を迎えている。会場となる船橋市民文化ホールでは、公募で選ばれた市民役者70人が、本番に向けて歌と芝居の総仕上げに全力を注いでいる。

 アンデルセンの故郷、オーデンセ市(デンマーク)と姉妹都市の船橋市は今年の市政80周年に合わせ、2015年から3カ年計画でアンデルセンの生涯や作品を、公募した市民らの力で毎年1本ずつ舞台化。15年の第1章は「ハンスと旅のゆくえ~雪の女王」、昨年の第2章は「小さい者たちの歌・あふれる物語」を演じた。

 最終章となる今回は、アンデルセンの自伝「わが生涯の物語」を主軸に「親指姫」「マッチ売りの少女」などを取り込んでいる。初の試みとして、船橋フィルハーモニー管弦楽団が生演奏する。脚本、演出は劇団キンダースペース主宰の原田一樹さん、芸術監督と作曲は船橋市芸術アドバイザーの和田啓さんが担当している。

 出演者の稽古は6月から始まり、9月はほぼ毎日、公演日を目指して猛稽古が続く。

 出演者たちは、仮組みされた舞台で自分の立ち位置の確認や、各自の動きやせりふ回しを何度もチェックしている。

 14歳当時のアンデルセンを演じる大島瑛登君(11)は「大変な役をもらったので、監督に納得してもらえる演技をしたい」、アンデルセンの母親役の上原千絵さん(42)は「私は今年で3年目の舞台なので、集大成として今まで練習したこと全てを出し尽くしたい」と、本番に向け意気込んでいる。

 「アンデルセン・光と影の物語」は16、17日のいずれも午後2時から、船橋市民文化ホールで上演される。入場料は一般千円、高校生以下500円。問い合わせは同ホール(電話)047(434)5555。