人気で調達費追加へ さかなクンのグッズ 館山市、年内に限定品発売

  • 0
  • LINEで送る

子どもをはじめ観光客らに人気を集めているさかなクンギャラリーショップ=館山市の“渚の駅”たてやま

 館山市の“渚の駅”たてやま内にある「さかなクンギャラリーショップ」が人気を集めている。市内限定のさかなクンが描いた魚の絵をあしらった房州うちわなどのグッズを観光客やファンが購入している。市は品薄が予想されるグッズを仕入れるため、31日開会した9月議会で補正予算134万円を提案した。年内にショップ限定のTシャツとポロシャツも発売する。

 さかなクンは、館山ふるさと大使で渚の駅の名誉駅長を務める。施設内に2015年12月にオープンしたさかなクンギャラリーの来場者から「グッズは手に入らないのか」といった要望が寄せられたことから、市が今年6月、ショップを新設した。

 マグネットやシール、ハコフグのクッションなど14種類のグッズが並ぶ店内。中でも好調なのはジンベエザメなどの海の生き物がデザインされた房州うちわや、さかなクンのトレードマークであるハコフグの帽子にちなんだバンダナ。開店以来、それぞれ250点ほど売れた。

 市は本年度当初予算で100万円を計上しグッズを調達してきたが、売上額は夏の観光シーズンとの相乗効果もあり、約3カ月で76万円を超えた。関係者の予想を上回る売れ行きになっているという。

 金丸謙一市長は「さかなクングッズは子どもだけでなく、意外にも大人に売れている。桟橋を歩く人も増え、波及効果も出ている。さらに売り上げを増やしていきたい」と話している。

 市議会定例会には、これらの経費を含む9097万円を追加する本年度一般会計補正予算案など7議案が提案された。

 会期は9月27日まで。一般質問は5、6日。登壇予定者は次の通り。

〈5日〉

森正一 望月昇 室厚美 瀬能孝夫 龍崎滋 今井義明

〈6日〉

鈴木順子 本多成年 石井敬之 石井敏宏 内藤欽次