千葉ラーメンの達人たち

■プロフィール
山路 力也(やまじ・りきや)
フードジャーナリスト・千葉拉麺通信主宰。著書にラーメンマップ千葉6など多数。千葉市在住。


奇跡の復活 変わらぬ一杯 ラーメンイレブン(大網白里市大網)

  • 1
  • LINEで送る

 毎年多くの店がオープンする一方で、閉店する店も数多いのがこの世界の厳しい現実。売り上げ不振や不景気などで店を畳むケースも多いが、後継者難や店主の体調不良などで惜しまれつつ暖簾を下ろすことも少なくない。2002年11月に閉店した「イレブンフーズたなか」もそのひとつだった。

 ご主人の田中謙さんは、東品川の人気店「イレブンフーズ」の味に惚れ込み、暖簾分けを許された。今から14年前の4月に大網で開業。平日は本業に従事し、営業するのは週末だけという変わったスタイルながら、一躍人気店の仲間入りを果たした。しかし体調を崩し、2年半ほどで閉店。誰もが2度と田中さんの一杯を食べられないと肩を落としたが、今年1月に以前と同じ場所、同じ味で奇跡の復活を遂げた。店名も変わり平日も営業。厨房には元気な田中さんの姿、そして客席にはかつての常連客の笑顔が戻ってきた。

 豚骨をベースにしたスープはさらっとしているのに深みのある味わい。ザク切りのタマネギとキクラゲの食感もよく、柔らかくて大きなチャーシューも健在。麺も以前と同じ製麺所から取り寄せる。余計なメニューを置かないスタイルもそのまま、ブランクをまったく感じさせないクオリティの高さには驚きだ。いつの日かまた店を開きたいと、家で試作を重ねていたという。11年ぶりの復活に店名も「ラーメンイレブン」。出来過ぎなくらいに格好いい。

 【交通】大網駅より車で5分。電話なし。