ORICON NEWS


ゆず、弾けました! “双子ダンス”初挑戦

  • 0
  • LINEで送る

ゆずが新曲「恋、弾けました。」MVで弾けた双子ダンスを披露

 人気デュオ・ゆずが、きょう13日に配信シングル「恋、弾けました。」をリリースするとともに、YouTubeでミュージックビデオ(MV)のフルサイズを公開し、“双子ダンス”に初挑戦したことが明らかになった。

【動画】双子ダンスを披露する「恋、弾けました。」MV

 同曲は、北川悠仁が作詞作曲、音楽プロデューサー/DJのTeddyLoidがアレンジを担当した胸キュンポップナンバー。デジタルサウンドとゆずのハーモニーが融合した世界観をさらに昇華させるため、MVではゆずの2人がピンク色の仮想空間にトリップした。

 水玉ピンク衣装を着た2人はファンタジックなステージで動きを合わせ、弾けた“双子ダンス”を披露。2人そろってダンスするのは、2009年7月発売のシングル「いちご」以来8年ぶりという。

 キュートなステージや個性的な動物など、独特な切り口でMVを制作したのは、ゆずが今年リリースした楽曲「タッタ」「カナリア」「愛こそ」すべてのMVを手がけた田辺秀伸氏。双子ダンスの振り付けは、ダンスパフォーマーで振付師のホナガヨウコ氏が務めた。

 「恋、弾けました。」は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の麻生周一氏のギャグ漫画を実写化した山崎賢人主演映画『斉木楠雄のΨ難』(21日公開、福田雄一監督)の主題歌。配信シングルのジャケットは、原作者の麻生氏がMVを観たうえで特別に描き下ろした。

関連記事