ちばシネマ


パリが愛した画家フジタの半生描く 「FOUJITA」 香取市などでロケ

  • 0
  • LINEで送る

 日本生まれのエコール・ド・パリを代表する画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886-1968)の戦争を挟んだ激動の半生を、戦後70年の今年に映画化。映画の後半は本県の香取市などで撮影された。 ・・・

【残り 1067文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン