船長の“講義”で土産確保 木更津沖のイイダコ

  • 0
  • LINEで送る

 暑い夏は峠を越したが、まだまだ残暑は厳しい。しかし、海上では秋の気配が漂う。この時季になると東京湾の秋の風物詩、江戸前のイイダコ釣りがスタートする。「乗った」とリーリングすると、テンヤに抱き付いたユーモラスな格好をしたイイダコ君が「こんにちは」とあいさつする。ファミリーフィッシングに最適で親子の競演が楽しい。先ごろ行われた「親子釣り体験教室」でもチビっ子たちが18センチの良型を釣り上げていた。当方の苦手なイイダコ。浦安「吉野屋」からチャレンジした。

 午前7時、船宿に到着。まずは店主の吉野愼太朗さんに釣況取材。「開幕日はトップ1束超え、型も8~18センチで良型がかなりまじった。ケンさんのきらいなタコ釣り。20匹も釣れば上々でしょう」に苦笑いした。

 定刻に河岸払い。湾奥のイイダコ釣りにかけては「知る人ぞ知る」の青山隆雄船長の操舵でポイントを目指す。座は右舷胴。左隣に助っ人役の釣友。この友、当方より腕前は上で飲み仲間のめちゃ愉快な男。出船前の船長のレクチャーを熱心に聞き、「イイダコは初めてだが、俺にまかせろ」と張り切る。

 航程40分ほどで盤洲沖に到着。「水深は8メートル。着底したら仕掛けを底からはなさず、穂先で5~10回ほど小突いて、サオ先を少し上げて“乗り”を聞いて。重みがあったらサオを立てて合わせて。仕掛けの重みをしっかり頭にたたき込み、少しでも重かったらタコが乗った証(あかし)。これが数釣りのコツ」。再度、講義のアナウンスで実釣の開始。

 「座は現在、日かげ。が、午後からは直射日光をまともに浴びる。午前中が勝負。目標は20匹。友が30匹。合わせて50匹だ」と仕掛けのラッキョ型スッテを船前に投入。着座後、小突きを繰り返すが、タコが乗ってきた気配がない。たまにカラ合わせを入れるが、ハリ掛かりはない。左舷トモで「乗った」の声。右舷ミヨシの常連さんも15センチ級がヒット。...

 船宿は本紙ニュース提供店「吉野屋」電話047(351)2544。(原田憲司)

今週の見出し

那珂湊沖 ムラサキイカ大乗り

ボートハゼ束釣り 江戸川放水路

館山沖でアマダイ発進

勝浦沖のスルメ活発