開設123年で初の釣りイベント 来月11日、横浜港大さん橋

  • 0
  • LINEで送る

 開設から123年目を迎えた横浜港大さん橋国際客船ターミナル岸壁(横浜市)=写真=で3月11日、初の釣りイベント「大さん橋フィッシング・チャレンジ!」が開催される。

 現在の大さん橋が竣工(しゅんこう)したのは、1894(明治27)年。これまでに釣りが許可されたことは一度もないが、同ターミナル指定管理者JVは、船が停泊していない場合の有効利用の一つとして釣りに注目した。

 昨年10月の試し釣りではアジ、メジナ、スズキ、アイナメなどがたくさん釣れた。1月は水温が低く不調。だが、ランドマークタワーをはじめとするみなとみらい地区や横浜ベイブリッジなどを一望できるロケーションの素晴らしさと同時開催の市民市場「マルシェ」(入場無料)など楽しみがいっぱい。

 募集人数100人(応募者多数の場合抽選)。参加費1人1500円。申し込みは、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」ホームページの募集フォームから。2月20日締め切り。