外川沖、飯岡沖ヒラメ爆釣 手軽に楽しめる秋のファミリーフィッシング

  • 0
  • LINEで送る

飯岡沖から外川沖でハリ掛かりする良型ヒラメ

 飯岡沖から外川沖のヒラメが9月に入って“絶好釣”だ。0・5キロ級のソゲクラスもまじるが、1キロから1・5キロの食べごろが主体。「ククン」のスリリングな引き。サオ先が大きく曲がり、食い込んだら合わせ。ハリ掛かりを確信したらリーリング。タモ取りされた良型に、釣り人が思わず笑みをこぼす。

 飯岡港「幸丸」の向後嗣一店主は、「7、8月の夏ビラメを数釣り。それが9月に入ってさらにヒートアップ。トップで10匹前後の爆釣を続けている。この12日には上で16匹のレコードが出た。4キロ超えの大型もまじった。ポイントは航程1時間の川前大根。水深は30メートル。あせらずじっっくり狙えば数釣りできますよ」と、その釣れっぷりを語ってくれた。

 使用ロッドは、2・7メートル前後の6・4調子ザオ。リールはPE2、3号を巻いた中型両軸。仕掛けはオモリ60号に胴付き1本バリ。エサの生きイワシは、親バリを口の中から上アゴに抜き、孫バリは肛門からハリ先を入れ浅く刺し通す。

 釣り方は、仕掛けを着底させイトフケを取る。切るタナは1メートル前後。最初のアタリのシグナルがあったらじっと待つ。さらに強く連続的になり、重みも加わってサオ先が大きく曲がった時が、合わせのタイミング。大きく、ゆっくりサオを立ててハリ掛かりさせる。

 片貝沖のヒラメもスタートしたばかりで、今が狙い目。3、4キロの良型もまじり、サオ頭で5、6匹と好食いしている。大原沖でも間もなく解禁になり、外房のヒラメはこれからが絶好のシーズンを迎える。

 ヒラメの船宿は本紙ニュース提供店「幸丸」「隆正丸」「優光丸」。イイダコは浦安「吉野屋」、富津港「寿々春丸」など。

今週の見出し

鹿嶋沖ムラサキイカ好発進
片貝沖飯岡沖ハナダイ数釣り
観音崎沖タチウオ上昇気配
勝浦沖、スルメ乗り活発