東京湾、シーバス絶好釣 大原~太東沖、フグ上昇 【今週の釣果】

  • 0
  • LINEで送る

東京湾で絶好釣な夜シーバス(写真は「小峯丸」提供)
西川名沖でゲットした1・8キロのヒラメ(写真は「竜一丸」提供)
館山沖で狙えるアマダイ(写真は「真澄丸」提供)

 【内湾・内房・外房】

◆浦安 小柴沖でアジ。15~35センチが21~57匹。大貫沖で18~37センチのフグが0~14匹。竹岡沖で15~26センチのカワハギが2~19匹。久里浜沖で65~90センチのタチウオが0~10匹。川崎沖で15~26センチのメバルが2~19匹。横須賀沖で18~32センチのイシモチが32~61匹。洲崎沖にヤリイカでも出船。(吉野屋)

◆行徳 同沖でマコガレイ。24~38センチが0~3匹。15~30センチのアジが40~70匹。(伊藤遊船)

◆原木中山 木更津沖で20~38センチのマコガレイが0~3匹。シロギスでも出船。(高常遊船)

◆千葉 堤防で45~47センチのクロダイが0~1匹。30~69センチのシーバスが0~6匹。木更津沖のシーバス船は40~63センチが5~18匹。長浦周辺で夜メバル・カサゴ船。17~24センチのメバルが2~5匹。15~22センチのカサゴが5~17匹。シーバス船、夜メバル・カサゴ船、防波堤渡船で出船。(守山丸)

 川崎沖でシーバス。35~70センチが1~5匹。千葉沖から長浦沖の夜シーバスは34~52センチが50~81匹。シロギスでも出船。(小峯丸)

◆木更津 同沖で10~24センチのメバルが5~19匹。乗合船はルアー五目で出船。(宮川丸釣船店)

◆富津 同南沖から竹岡沖でカサゴ。15~27センチが20~32匹。クロメバル、ハタがまじる。0・4~0・8キロのオニカサゴが0~2匹。猿島沖にイシモチでも出船出船。(寿々春丸)

◆上総湊 竹岡沖から岩井沖でマダイ。0・3~0・8キロが0~2匹。イトヨリ、ホウボウ、フグ、ハタ、アマダイがまじる。(とう市丸)

◆金谷 同沖でアジ。22~43センチが51~63匹。(惣四郎丸)

◆保田 同沖のLT五目船は21~31センチのアジが18~51匹。4・6キロのワラサが船中1匹。ハタ、カワハギ、ウマヅラがまじる。LTイシダイ船は20~34が1~6匹。ハナダイ、カワハギ、ウマヅラ、アジがまじる。(村井丸)

◆勝山 洲崎沖から白浜沖でヤリイカ。25~40センチが4~18匹。マダイ、ヒラマサがまじる。勝山沖から館山沖で20~51センチのアマダイが1~6匹。カサゴ、イトヨリがまじる。(利八丸)

◆船形 館山湾内でカワハギ。15~25センチが7~21匹。カサゴ、タコがまじる。(館山つりセンターくろしお丸)

 館山沖でオニカサゴ。0・8~1・9キロが3~5匹。カイワリ、カンコ、ドンコ、ムシガレイ、ノドグロカサゴがまじる。午後船のアマダイは25~31センチが3~4匹。マダイ、キダイ、マゴチ、ホウボウ、マトウダイ、イトヨリ、アジ、サバがまじる。(真澄丸)

 浜田沖でボート釣り。1~2キロのアオリイカが1~5匹。モウゴウイカがまじる。25センチのカワハギが5~15匹。40センチのアマダイが0~3匹。(アジロボート)

◆西川名 同沖でイワシの泳がせ釣りの根魚五目。2・2キロのヒラメが0~1匹。カサゴがまじる。午後船は1・8キロのヒラメが0~1匹。ハタがまじる。(竜一丸)

◆洲崎 同沖で0・3~1・2キロのオニカサゴが2~5匹。22~40センチのクロムツが7~18匹。キダイ、ノドグロカサゴがまじる。メバル船は16~27センチが4~16匹。イサキ、キントキがまじる。(勝丸)

◆相浜 同沖でクロムツと中深場五目のリレー釣り。30~40センチのクロムツが0~5匹。4・1キロのメダイが1匹。2キロのハチビキが1匹。キントキ、メバル、イサキ、アカイサキ、サバがまじる。(松丸)

◆白浜 渡船の各島で30~38センチのメジナが2~6匹。同沖のルアー船は10キロのヒラマサが1匹。(白浜渡船)

◆江見 同沖にイサキ、タイ五目で出船。(新栄丸)

◆鴨川 前原堤防(マリーナ・中堤防・南堤防)と鴨川漁港周辺で15~16センチのアジが0~2匹。24~29センチのクロダイ(カイズ)が0~1匹。19~22センチのヘダイが2~21匹。弁天島、灯台島周辺で16~17センチのアジが0~7匹。33センチのクロダイ(カイズ)が1匹。16~20センチのウミタナゴが0~1匹。東条海岸(待崎川河口堤防等)で36センチのヒラメが1匹。青年の家周辺で25センチのクロダイ(カイズ)が1匹。17~19センチのウミタナゴが4匹。(近江屋釣具店)

◆小湊 同沖で0・6~1・1キロのマダイが0~2匹。22~35センチのイサキが3~26匹。(鯛丸)

◆川津 勝浦沖で38~50センチのサバが12~43匹。31~45センチのヤリイカが3~9匹。スルメイカ、アジ狙いでも出船。(喜美丸)

◆大原 同沖で20~32センチのフグが50~70匹。(鈴栄丸)

 太東沖でヒラメ。0・5~2・3キロが1~7匹。午後船でひとつテンヤでも出船。(春栄丸)

 太東沖と大原沖でヒラメ。0・8~1・5キロが0~7匹。マハタ、マトウダイがまじる。大原沖で0・3~1・6キロのマダイが0~9匹。ハタ、フグ、ハナダイ、ホウボウ、スズキ、ヒラメがまじる。(つる丸)

 太東沖でヒラメ。0・4~1・4キロが1~4匹。マトウダイ、ガンゾウビラメがまじる。(臼井丸)

 太東沖でフグ。20~38センチが31~80匹。ヒラメ船は0・5~2キロが1~7匹。スズキ、サワラがまじる。マダイ船は0・3~2・4キロが1~8匹。勝浦沖でヤリイカ。35~53センチが7~37匹。前半サバが26~50匹。オニカサゴ船は0・8~1・2キロが1~3匹。サバが18~40匹。(長福丸)

 大原沖にヒラマサ狙いで出船。(松鶴丸)

 大原沖でフグ。18~35センチが41~76匹。タコがまじる。(敷嶋丸)

 【利根水系】

◆小見川 黒部川の笹川、ポプラ前で25~40センチのヘラ、マブナが0~3匹。小堀川の三の分目で30~35センチのヘラ、マブナが0~3匹。(高橋釣具店)

 【湖沼】

◆高滝湖 第一魚礁、ドームBでボート釣り。6~12センチのワカサギが16~346匹。高滝小裏で陸釣り。6~10センチのワカサギが10~60匹。(養老川漁協)

◆亀山湖 下清水、柳島、ホテル下で25~40センチのブラックバスが0~3匹。(ボートハウス松下)

◆三島湖 ポンプロープで22~38センチのヘラブナが3~46匹。(ともえ釣船店)

 【茨城・銚子・九十九里】

◆那珂湊 同沖でヒラメ。1・5~4・6キロが2~5匹。マゴチ、アイナメがまじる。ひとつテンヤにも出船。(源丸)

◆大洗 同沖でひとつテンヤのマダイとハナダイ・メバル五目。22~33センチのマダイが0~3匹。21~31センチのハナダイが12~34匹。22~30センチのメバルが2~13匹。ウマヅラ、ソイ、カサゴがまじる。ヒラメ船は0・6~2・5キロが0~5匹。21~31センチのメバルが2~18匹。ソイ、サワラ、カサゴがまじる。(藤富丸)

◆鹿島 同沖にLTウィリー五目船。20~45センチのアジを主体に15~64匹。メバル、ハナダイ、ウマズラ、ソイがまじる。ヤリイカ船は30~54センチが0~13匹。ヒラメ船は0・3~1キロが0~3匹。ルアー船は3~3・5キロのワラサが0~1匹。(幸栄丸本家)

◆波崎 同沖で2・4~6キロのワラサが0~6匹。2・6~4キロのヒラマサが0~1匹。(征海丸)

◆外川 同沖でヒラメ。0・5~2キロが6~8匹。スズキがまじる。(透容丸)

 外川沖でヒラメ。0・7~2・5キロが2~6匹。(いたこ丸)

 外川沖にヒラメで出船。(光佑丸)

◆犬吠沖 同沖にアラカサゴで出船。(多々野丸)

◆飯岡 同沖でヒラメ。0・4~2・5キロが1~2匹。(龍鳳丸)

 飯岡沖でヒラメ。0・5~2・5キロが1~7匹。ヤリイカ船は25~55センチが2~8匹。マダイでも出船。(清勝丸)

 飯岡沖でヤリイカ。42~50センチが12~18匹。(優光丸)

 飯岡沖でヒラメ。0・7~3・8キロが1人7匹。フグでも出船。(太洋丸)

 飯岡沖でマダイ。0・3~1キロが1~10匹。ホウボウ、ハナダイ、ハタがまじる。ヒラメ船は0・5~4キロが3~7匹。(梅花丸)

 飯岡沖でヒラメ。0・5~3・7キロが2~6匹。ヒラメの別船は0~5匹。(隆正丸)

 飯岡沖でマダイ。0・3~1・3キロが0~4匹。イイダコ、カサゴ、ハナダイ、マハタがまじる。(幸丸)

 飯岡沖でヒラメ。0・5~2キロが1~7匹。コマセのハナダイ、テンヤマダイでも出船。(太幸丸)

 飯岡沖でヒラメ。0・4~4・2キロが1~9匹。ヤリイカ船は26~52センチが3~16匹。ひとつテンヤのマダイでも出船。(三次郎丸)

◆片貝キンメとヤリイカのリレー釣りで出船。希望があればヒラメ、ハナダイでも出船。(第1二三丸)

 片貝沖で26~41センチのハナダイが2~11匹。24~34センチのメバルが0~6匹。カサゴ、ハタ、クロダイ、ウマヅラがまじる。(源七丸)

 片貝沖にハナダイ五目で出船。(喜美丸)

 片貝沖でハナダイ五目で出船。(直栄丸)

 ◆一宮 一宮川から河口周辺で62センチのフッコが1匹。一宮海岸から太東岬で15~24センチのイシモチが0~2匹。50センチ前後のフッコが2匹。(小林釣具店)


今週の見出し

東京湾、シーバス絶好釣

大原~太東沖、フグ上昇

外川~飯岡沖、ヒラメ堅調

片貝沖、狙えるヤリイカ