忙人寸語

忙人寸語(2017年3月17日)

  • 0
  • LINEで送る

 もしも、女性がいなくなってしまったら…。国際女性デーの今月8日、「女性がいない日」と銘打ったイベントが全米各地で行われた。女性の日ごろの活躍を知ってもらおうという趣旨で、賛同者は「料理や子育て、仕事を休もう」を合言葉にゼネストを決行。一部の学校では女性教師が欠勤したため、休校になる事態となった

▼日本の現状は? 世界経済フォーラムの2016年版「男女格差報告」によると、144カ国中で111位。世界最低レベルを脱するまで、この国はあと何年かかることやら…

▼“妻がいなくなった”のはわが家。要介護認定を受けた両親の生活を支えるため、妻は週の半分以上、実家に寝泊まりしている

▼そのため「主夫」を任され、家事に多くの時間を割かれ半年。今更ながら、妻のありがたみを実感している。ねぎらいの言葉一つかけなかった反省から、今年のホワイトデーは、ちょっと豪華なキャンディーの詰め合わせを贈ってみた

▼翌日、女子大の門をくぐり娘の卒業式に出席した。キャンパスは、つぼみが膨らみ始めた桜よりも一足早く、振り袖袴はかま姿の女学生で華やかに色づいていた

▼女性が輝く社会づくりの一翼を担い、一歩を踏み出す彼女たち。式辞で学長から「人格を尊重する姿勢で挑戦を」と背中を押された。期待と不安で胸はいっぱいだろうが、「人生を謳おう歌かして」とエールを送った。